狸庵文庫美術館

 

TEL.086-253-2710

〒700-0031 岡山県岡山市北区富町2-13-14

ニュース

新年あけましておめでとうございます。

難波田 Web

 

新年は1月7日から開館しています。本年もよろしくお願いします。

 

第1・第2展示室は、「難波田史男」展を開催。

抽象絵画の推進者、難波田龍起を父に持ち、繊細かつ鋭利な線描と深い色彩による作品で注目されながら32歳でこの世を去った難波田史男の作品です。 第1展示室は版画、第2展示室は水彩画をまとめました。

 

第3展示室は、「炉開の趣向を楽しんで~和楽茶会道具~」展を開催。

昨年11月に開催した茶会の道具展。風炉から炉に移る季節に合わせた道具仕立て、美術館のパンフレットに印刷されている青磁の花入れも登場しています。

 

 

 

 

 

 

オープニングパーティー

9月3日から開催する「アメリカン コンテンポラリー アート展」を記念して、9月2日(火)18時~20時に前夜祭をいたします。当日は、各展示室を開放し、簡単な軽食も準備しておりますので、興味のある方、どなたでもお誘い合わせの上、お越しください。お待ちしております。

Rian やきもの教室 開講のご案内

Rian やきもの教室

子供から経験者まで、その創作意欲をサポートし、やきもの文化を少しでも広げたい気持ちで始まった陶芸教室です。

 

【日時】 原則、毎月第1土・日曜日に開室いたします。

     第1土曜   ①13:00~15:00

            ②16:00~18:00

     第1日曜   ③10:00~12:00

            ④13:00~15:00

     各回10名ほどの先着順になりますので、皆様お誘い合わせの上、

       お早めにお申し込み下さい。

 

【費用】 1.800円 粘土600g(焼成費込) 例:湯呑2個程度

     *粘土の追加は100g 300円でできます。

 

【場所】 狸庵文庫美術館 3階 会議室2

 

 

【設備】 ・手回しロクロ

     ・電動ロクロ*要予約交代制

     ・電気窯

     ・穴窯(年1回)

 

【講師】 森本 良信

 

 

【お申込み】

     掲載内容やスケジュール等お気軽にお問合せください

      [電話]090-9509-9860

      [FAX]0869-34-3225

     森本まで

夏休み特別企画 こどもワークショップ 「私の博物誌」 参加者募集のお知らせ

夏休み特別企画  エルンストに学ぼう!

こどもワークショップ

「私の博物誌」

 

アルバムをめくると、コドモから今日までのいろいろな思いでがたくさんつまっています。旅行先の写真や家族との記念写真。四つ切の形で世界から切りとられているけれど、その枠の外にも世界は広がっていて、いまあなたのとなりにつながっています。写真の中から、いまあなたのとなりまでどんな世界がひろがっているのでしょう?

美術家 清水直人氏を迎え、小中学生を対象に、現代美術ワークショップを行います。第1展示室「エルンストの博物誌」を鑑賞した後、参加者がそれぞれに、“自分の博物誌を描いてみよう!”というものです。できあがった作品は、夏休みの間、イベントホールにて「私の博物誌」展として展示いたします。

参加ご希望の方は、美術館までお申込みください。

 

  開催日:7月26日(土) 13:00~15:00

  場 所:狸庵文庫美術館 1階 イベントホール

  参加費:500円

  対 象:小学3年生~中学3年生  *大人もご参加いただけます。

  定 員:20名

  用意するもの:思い出の写真 

         *複製したものをお持ちください

         写真の例  / 旅行先の風景写真、行ってみたい場所の写真など

         でもOKです。

  講 師:清水直人氏(美術家)

 

《 講師プロフィール 》

  美術家。常に変化していく時代に対して、身近な素材や出来事、エピソードを集積して作品を制作していく。岡山県玉野市にアトリエをかまえて活動している。

 

参加申し込み・お問い合わせ:086-253-2710(狸庵文庫美術館)

 

 

 

◎関連展示

ワークショップ作品の展示

「私の博物誌」展

 

ワークショップで製作された作品を、イベントホールに展示・公開いたします。展示終了後、作品はご返却いたします。

展示期間:8月1日(金)~8月24日(日)

開館時間:10時~17時(入館は16時まで)

展示場所:狸庵文庫美術館1階イベントホール

入場無料

「水無月茶会 道具展」 開催のお知らせ

昔々、宮中では6月になると氷室の氷を取り寄せて暑気払いをしました。また、1年の折り返しにあたる6月は、罪やけがれを祓い残り半年の無病息災を祈願する神事「夏越祓(なごしのはらえ)」が行われてきた月でもあります。

そこで、当美術館でも無病息災を願った茶会を6月に催しました。

その語呂合わせから縁起物とされる「六瓢箪(むびょうたん)」がお道具で表現されています。展示品の中から瓢箪を六つ、どうぞさがしてみてください。

「水無月茶会 道具展」

  2014年6月18日(水)~11月9日(日)  第3展示室

  開館時間:10時~17時(入館は16時まで)

  休館日/月・火曜日

  入館料/大人500円 小・中学生200円

 

お問い合わせ

狸庵文庫美術館

〒700-0031 岡山市北区富町1-13-14

TEL:086-253-2710   FAX:086-253-2810

「エルンストの博物誌」展 開催のお知らせ

エルンストは、シュールレアリスムの代表的作家とされ、コラージュやフロッタージュの技法を生み出しました。エルンストがフロッタージュ・デッサン130点の中から34点を選択してまとめた『博物誌』は、自然の成立をテーマとした詩的なタイトルが付けられ、聖書の創世記になぞらえたといわれる代表的な作品です。

 

「エルンストの博物誌」

  2014年4月24日(木)~8月24日(日)  第1展示室

  開館時間/10時~17時(入館は16時まで)

  休館日/月・火曜日

  入館料/大人500円  小・中学生200円

 

 

お問い合わせ

狸庵文庫美術館

〒700-0031 岡山市北区富町1-13-14

TEL:086-253-2710  FAX:086-253-2810

「池田遙邨展」開催のお知らせ

岡山県倉敷市玉島乙島出身の池田遙邨は、自然と旅を愛し、動物や人間への興味と深い慈しみを描いた日本画家です。その作品は数々の賞を受け、昭和62年に文化勲章を受章しました。20代の頃はムンクやゴヤに影響を受け、30代に入ると安藤広重に傾倒して東海道五十三次を3度も旅をしました。晩年は、装飾性やユーモアに富んだ独自の表現で風景画を描き、その後、放浪の俳人「種田山頭火」に傾倒して、80歳を超えて山頭火の姿で旅をし、山頭火の俳句を画題とした作品の製作に情熱を注ぎました。

この度は,「烏城」や、山頭火シリーズの「草も傘もしぐれてゆく」、「西日本十二景」など風景画を中心に展示しています。

 

「池田遙邨展」

  2014年4月3日(水)~8月24日(日) 第2展示室

  開館時間/10時~17時(入館は16時まで)

  休館日/月・火曜日

  入館料/大人500円 小・中学生200円

 

お問い合わせ

狸庵文庫美術館

〒700-0031 岡山市北区富町1-13-14

TEL:086-253-2710   FAX:086-253-2810

 

「マグリット展」開催記念ギャラリートーク

「マグリットとベルギーのシュールレアリスム」

 

マグリットは、ベルギーのシュールレアリスムに於いてリーダー的存在となり、「言葉とイメージ」の問題を追及して、意外性と驚異に満ちた作品を多く生み出しました。また、ポップアートなど20世紀の文化にも大きな影響を与えました。

しかし、その作品数と認知度に反して、詳しく語られることの少ない作家でもありました。

彼の作品には、山高帽に銀行員のようなコートを羽織った男がよく登場します。これは本人の姿であったとされていますが、一方で本人が絵の男を真似たとも言われています。計算なのか無意識か、作品も本人も神秘のヴェールに包まれたマグリット。今回は特別に講師の方をお招きして、「宝石」やマグリット芸術が凝縮された≪魅せられた領域≫シリーズなど、約20点の展示作品を中心に、マグリットとシュールレアリスムの魅力を語っていただきます。

 

 講師:高瀬 晴之 氏 (姫路市立美術館学芸課 課長補佐)

 日時:平成26年3月21日(金)

     13時~ 講演「マグリットとベルギーのシュールレアリスム」(3階 聖華ホール)

     14時~ 展示作品解説  (2階 第1展示室)

 入場料:1.000円(入館料を含む)

  *先着30名様まで  事前にお申し込みください。

 

 

お問い合わせ

狸庵文庫美術館

〒700-0031  岡山市北区富町2-13-14

TEL:086-253-2710   FAX:086-253-2810

 

 

 

「新春に鶴亀を寿ぐ 茶事道具展」のお知らせ

「旧正月を祝う」を主題にした新春茶事のお道具を、茶事の流れに沿って展示いたします。

この度の茶事は、今年の干支である午や、古来より縁起がよいとされる鶴亀にちなんだお道具が用意されました。鶴亀がおめでたい象徴であることから、祝言で謡われる謡曲「高砂」へと想像はふくらみ、お道具はまるで連想ゲームのように展開してまいります。

関連イベントのギャラリートークでは、ハレの日を茶事の中でどのように表現したのか、席主でもあります当館館長が茶道具を通して解説いたします。

 

「新春に鶴亀を寿ぐ 茶事道具展」

 2014年3月6日(木)~  第3展示室

 開館時間:10時~17時(入館は16時まで)

 

 

◎関連イベント¥

ギャラリートーク「新春に鶴亀を寿ぐ」

解説の後、茶事当日にお客様にお召し上がりいただいたお菓子を、お抹茶と共にご用意いたします。

 

 解説:河田隆介館長

 日時:平成26年3月8日(土)14時~15時

 場所:狸庵文庫美術館 2階 第3展示室

 料金:入館料500円

  *先着15名様まで 事前のお申し込みが必要です。

 

 

「マグリット展」 開催のお知らせ

ベルギー出身のシュールレアリスムを代表する画家

作品に、山高帽に銀行員のようなコートを羽織った男が登場するマグリットは、同時代のダリとは対照的にセンセーショナルな言動もなく、外面的には起伏の乏しい人生であったが、人の意表をつく意外性と驚異に満ちた作品を多く生み出した。不可思議なイメージの世界は、題名ともども、絵の前に立つ者を戸惑わせ、考え込ませずにはいられない。

「言葉とイメージ」の問題を追及したマグリットの作品は、広告やポップアートなど20世紀の文化に大きな影響を与えた。

「宝石」や、マグリット芸術が凝縮された形で表された《魅せられた領域》シリーズのカラーリトグラフ、マグリットのアイデア帖からのデッサンなど、版画20点とスケッチ画1点。

HPマグリットHP用(ol

「マグリット展」

  2014年1月5日(日)~4月20日(日) 第1展示室

  開館時間/10時~17時 (入館は16時まで)

  休館日/月・火曜日

  入館料/大人500円 小・中学生200円

  *一月五日(日)は、粗茶をご用意してお待ちしております。

 

 

◎関連イベント

開催記念ギャラリートーク

「マグリットとベルギーのシュールレアリスム」

 

講師:高瀬 晴之 氏 (姫路市立美術館学芸課 課長補佐)

日時:平成26年3月21日(金)

    13時~ 講演「マグリットとベルギーのシュールレアリスム」(3階 聖華ホール)

    14時~ 展示作品解説 (2階 第1展示室)

入場料:1.000円(入館料含む)

*先着30名様まで 事前にお申し込みください。

 

お問い合わせ

狸庵文庫美術館

〒700-0031 岡山市北区富町1-13-14

TEL:086-253-2710   FAX:086-253-2810